骨董品の世界~時代と会話する魅力~

menu

骨董品の鑑定士になるには?

・骨董品の鑑定士
骨董品の価値を鑑定する仕事をするのが骨董品の鑑定士で、絵画・陶器・ブロンズ像・玩具など様々なジャンルの骨董品の鑑定を行います。
その為、骨董品の鑑定士になるには、それぞれの骨董品を鑑定するにあたっての知識を備えておく必要があるのです。
ジャンルを絞って専門的に鑑定を行う人もいれば、オールジャンルで鑑定を行う人など様々いますが、いずれにしても物の価値を決める重要な仕事なので膨大な知識量は必要になります。
『骨董品の鑑定士になるには?』 の続きを見る

骨董品の収集方法

・主な収集方法
骨董品の世界の魅力に触れることで虜になってしまうと、もっと素敵な骨董品があるのではといった気持ちが膨らみます。
そうしたコレクターにとっては、どこで骨董品を収集できるのかを分かっているかは重要なポイントになるのです。
骨董品の主な収集方法は、骨董品店に行く・骨董市に出掛ける・オークションで購入する・人から買ったり譲り受けたりするといった4つに大きく分けられます。
『骨董品の収集方法』 の続きを見る

骨董品には保険があった!その詳細とは

・骨董品の保険は必要
希少価値の高い骨董品を収集することは楽しいことですが、それと共に盗難や災害による破損などが心配になります。
最低でも金銭的被害は未然に防ぎたいので、骨董品の被害を補償して貰うための保険にはどのようなものがあって、どの保険に加入すれば良いのかを知っておくことは大事です。
『骨董品には保険があった!その詳細とは』 の続きを見る

骨董市で賢い購入~目利きで手に入れるお宝~

・骨董品の目利き
骨董の勉強の仕方にはいろいろありますし、買い方にも様々な特徴があります。
数多くの本を読んで勉強してから購入する方、逆に数多く購入することで勉強する方、先輩についてきてもらってアドバイスを受けながら買う方など様々です。
このように様々な勉強の仕方や買い方をすることにより、少しずつ骨董品に対する目利きが養われていくと言えます。
『骨董市で賢い購入~目利きで手に入れるお宝~』 の続きを見る

骨董品の世界を探る

・骨董品のイメージ
骨董品の世界は専門的分野の世界であって、一般の人にとっては別次元の世界と考える方も多いですが、決してそのようにかけ離れた世界ではないのです。
また、骨董品は高いといったイメージも強いでしょうが、そうしたイメージは一切捨てても大丈夫で、骨董品の世界は深く知れば知るほど魅力的な世界になります。
骨董の世界を知るためには、骨董といってもどのような種類があるのか知っておくことも重要ですし、どこからどこまでが骨董品なのかを知ることも大切です。
『骨董品の世界を探る』 の続きを見る

骨董品の正しい手入れと保管方法

・種類別の手入れと保管
骨董品も種類で適切な手入れと保管方法あって、正しい方法でないと大きなダメージを受けてしまいます。
絵画は色褪せや材質の劣化などダメージを受けてしまうため、必ず日光の当たらない場所で保管用の黒い布をかぶせて保管することが大事です。
また乾燥は表面の絵具がひび割れる原因ですし、逆に湿気はカビの発生を招くので、保管の際には湿度管理が大切になります。
『骨董品の正しい手入れと保管方法』 の続きを見る

骨董品の偽者と贋作の見分け方

・種類による見分け方
骨董品はその保存状況やブランドなど様々な要因が関係してきますが、一番重要になるポイントは偽者・贋作であるかどうかといった部分です。
ただ非常に精巧な技術で真似られているために、素人では簡単に本物か偽者・贋作かを見極めることは至難の業と言えます。
そこで、簡単ではありますが種類別の骨董品の偽者と贋作の見分け方を知っておくと、ひとつの参考として役立たせることができるのです。
『骨董品の偽者と贋作の見分け方』 の続きを見る

骨董品店の選び方

・選び方は意外とシンプル
骨董品店や鑑定士によって骨董品の査定には差があるので、適切な鑑定をしてもらうためには、信頼できる骨董品店の選び方がとても重要になります。
しかし信頼できる骨董品店の選び方は意外とシンプルで、必須になるポイントは鑑定費用が無料の骨董品店であることです。
『骨董品店の選び方』 の続きを見る

骨董品店とは?

・骨董品の定義
骨董品とは、100年を経過した手工芸品・工芸品・美術品と定義されていますが、骨董品とはという定義はあくまでベースで、国や状況で定義に該当しないものでも骨董品と呼ばれています。
欧米各国における骨董品の定義は様々な見方や考え方があって、製造されて100年以上を経た手工芸品・工芸品・美術品はアンティークと定義されているのです。
しかし100年に至らないものをジャンク、古くても価値のないものをラビッシュといった分類もあって、欧米各国の骨董品店ではこれら3つを用いています。
一方、日本・朝鮮・中国などアジア方面での骨董品とはという定義は、古いこと・希少価値で判断されているのです。
『骨董品店とは?』 の続きを見る